2011年06月09日

「旅行に行きたい」

2011.6.9(木)

「旅行に 行きたい」

久しぶり
子どもの 朝食づくりから
1日が 開けた。

細君も 娘も いない。

空腹に 耐えられないか。
親父の 朝食を 一気に かきこんだ。
その 勢いに あっけに とられる。
でも
その 姿が ちと 嬉しい。

居室を 訪ねた。

「おはよう」と 声を かける。

返事の 代わりに

「可愛らしい 笑顔」が
返ってくる。

こころが 通じた 瞬間である。
それだけで 無事を 確認できる。

唐突にも

「旅行が したい」
「どこか 連れてって」

と来た。

「行こう」
「どこか 行きたいとこある?」

考えている 風では あるが。

「・・・・・・」
「・・・・・・」

会話が 途切れて しまった。

繋ぐべく
「どこが いいかな?」
「京都? 奈良?」
と 尋ねて 見る。

「遠いとこは いい」
「近場で良い」
と 言う。

また
会話が 途切れた。

しばらくして

「旅行は いい」

と 返ってきた。

楽しい 旅行の 話の はずが

「旅行は いい」

で 終わってしまった。

意を 解することが できないまま だった。

すっきり しない 気持ちが いつまでも 残る。

いったい 何を 言いたかったのだろうか?
もちろん 考えても わからない。

ふと
ひょっと したら
人の 気配や 声を

外の 風の音 や 小鳥の 声を
聞きたかったのかも 知れない。
そんな 思いが 一瞬 よぎった。

それを

「旅行したい」

と言う 言葉で
表現したのか?

かも 知れない。

誰も その 答えは わからない。

彼女の中で
ほんの 一瞬 起こった 思いである。

その 思いを 大切にしたい。

kazu

↓ブログランキングに参加しています。
クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 介護ブログへ にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
にほんブログ村
posted by カズ at 00:39 | コメント(0) | TrackBack(0) | メッセージ